おしゃれな部屋には必ずあるブラインドのある生活

ブラインドの役目や特徴とは

ブラインドはカーテンと並びインテリアの素材としてよく知られています。直射光を遮ったり視線をカットしたり、あるいは明るさの調整を行ったり風をとり入れることも出来ます。カーテンよりもシャープで迅速に稼動でき、印象もスッキリしています。
素材も遮熱や保湿の性質を持つので冬場は熱が外部に逃げるのを防ぎ暖房効率を高め、夏場は直射日光を遮るので白色や明るいカラーのものを選ぶと冷房効率を高め、省エネ効果を期待できます。
ブラインドにはベネシャンブラインドと呼ばれる水平方向の羽の角度調節を行って光の照り返しを防ぐ横型ブラインドと、横型よりも幅広で細長い羽根を縦型に並べたバーチカルブラインドと呼ばれる縦型ブラインドがあります。

窓にぴったりのブラインドとは

素材は横型はアルミや木製のものが多く、縦型はアルミや布製のものがあり、カラーは床材や壁材、天井材、家具などとマッチするものを選びたいものです。
縦型ブラインドは天井高が高いとか、掃き出し窓のついた部屋ではこちらがふさわしい場合もあるとされます。
横型ブラインドは室内からは外部が見渡せ、外部からは室内側の視線が遮られるために、外部の風景を水平方向に把握したい場合には縦型のものよりも見晴らしが良くなるものです。
汚れは横型のほうが溜まりやすくその点は縦型のものは布製のものもあって洗濯を行うことも可能なものです。横型のものは窓を開けた場合には羽が細いために全体的に風にばたつくことが多いものですが、縦型のものはその隙間も広いために風を多く通すことができます。

ウッドブラインドは、日差しを避ける効果が期待できるだけでなく、雰囲気の良い室内を目指すうえで便利に使うことができます。

© Copyright Nice Curtains. All Rights Reserved.