汚れにも強いブラインドのお手入れ方法

ブラインドの良いところ

カーテンに比べてスマートな印象になり、一般のご家庭よりもオフィスや店舗で使用されている場合が多いのではないでしょうか。
布地でできているカーテンは定期的なクリーニングが必要で、その間は窓に何もかかっていない状態になってしまいますが、ブラインドでしたら掃除をすることで汚れを落とし窓から取り外す必要がありません。

新商品も次々と登場し、ご家庭のリビングにも最適な木のぬくもりの木製のブラインド、遮熱効果や遮光効果の高いブラインド、光漏れを低減しパソコン画面の映り込みを防ぐブラインド、汚れが落ちやすいフッ素加工、防汚・抗菌・消臭効果のある酸化チタンコート加工の施されたブラインドなど、使用される場所に適したものが必ず見つかります。

ブラインドのお手入れ方法

そのブラインドの素材に応じた洗剤をご使用いただきたいと思います。ご購入の際に付属している取扱説明書にその旨が掲載されていましたらその通りにしていただけましたら間違いないと思います。
特に淡い色のブラインドに適さない洗剤を使用しますと、変色などが起こるかもしれません。
目立たないところで試したり、メーカーに確認することをおすすめいたします。

ブラインドのお掃除の際に便利で一度に数枚の羽根を拭けるブラインド専用の清掃道具が販売されています。
もっとお手軽な方法は、ゴム手袋と使い捨ての軍手を用意し、まずゴム手袋を手にはめその上に洗剤液に浸して絞った軍手をはめます。
指でブラインドの羽根を数枚はさみ手をスライドさせて汚れを拭きとります。これを繰り返してブラインドが手早くきれいになります。

鎧戸とも呼ばれるウッドシャッターは木材の柔らかい質感で室内の雰囲気を明るくする効果があります。遮熱効果もあるのが利点ですが、湿気に弱くカビや変形が生じることもあるので丁寧に扱うことが大切です。

© Copyright Nice Curtains. All Rights Reserved.